ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第505号 2013年6月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

想点

変わるもの、 変わらないもの

西宮市民共済生活協同組合 常務理事
河村 英三
(かわむら・えいぞう)

 福島原発の「あわや大規模なメルトダウンか?」という事故から2年余りが経過しました。
 今から40年前を思い出します。大量生産・大量消費のもと「高度成長」を遂げた日本経済にも翳りが見え始めた頃です。有吉佐和子著の「複合汚染」が話題になり、原発に関しては、技術論の立場から「人類が制御できない科学技術は採用すべきでない」という研究者の指摘もあり、原発建設の反対運動が起った時期でした。
 また生協でも、各地で消費者グループによる学習会が開かれました。当時私も、暮らしと食の安全をテーマに、食品公害・学校給食でのポリプロピレン食器使用問題などの講座を担当する中で、「物事を変えるには、まず自身のライフスタイルを見直さなければならない」ことを教えられました。
 その後、オイルショックを経て、低成長時代となりましたが、今や、物質的な豊かさを享受し、遺伝子組み換え技術に象徴されるような最先端のハイテク、イノベーション革命の恩恵にあずかり、その行きつく先は、一見不可能を可能にする時代が到来するようにも見えます。
 ガラケー世代もスマホに換えなければならないのでしょうか?
 生協・共済を取り巻く環境も昔とは様変わりし、法規制、契約者保護、保険業界との競合に対応せざるを得ません。
 私共の西宮市民共済は組合員・市民に支えられ成り立っている地域共済組合として、来年には設立55周年を迎えます。
 競合大手とは、組織力、資金力では太刀打ちできず、時代の波に飲み込まれないように、組織の特色である地域性や組織の人間力を生かした独自の取り組みを模索しています。
 今年度の事業計画において、「組合員満足度の向上をめざし」「守りから攻めへ」「殻を破る」ことを基本目標に経営改善を図ることとし、「人」も「やり方」も変わろうとしています。
 しかし、何がどのように変わろうと、いつまでも変わって欲しくないことは、「支え合い、助け合う」生協の役割と「互いに思いあう」精神です。
 皆様の益々のご活躍とご健闘に期待すること大です。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る