ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第521号 2014年10月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

想点

新センターの完成を前にして
~2014年度の課題と活動

コープ自然派兵庫 専務理事
西村 明彦
(にしむら・あきひこ)

 今年度の事業活動では西宮市山口町への配送センター移転が最大の課題です。既存のセンターが開設から13~14年経過して老朽化し物量的にも手狭になったため、約700坪の土地に2階建ての配送センター兼組織拡大事務所を建設中です。10月末に竣工、11月には移転の予定です。小規模ではありますが組合員活動室も併設するので、北部エリアの活動拠点としても活用していきたいと考えています。年明けには完成記念のお披露目フェスタも計画中です。
 活動面では「農産物国産派」「食の安全」「平和」の3テーマが活動の柱になります。
 2014年産米価の暴落、異常気象の日常化、担い手の高齢化、TPP(環太平洋経済連携協定)による輸入農作物の増加、と日本の農をめぐる状況は危機的です。今年4月には農民作家として国内外の農の問題を見つめ続けてこられた山下惣一さんを招き講演会を開催しました。6月には豊岡市などで生産された「コウノトリ育む農法」のお米(米粉)を使用するコープ自然派パン工房が神戸市西区に完成し、国産小麦100%の無添加パンの供給が始まりました。8月の集中豪雨で大きな被害を受けた丹波市市島地区の有機農家への応援はこれからの課題です。
 「食の安全」に関して今年は原点に戻り、食品添加物の学習を進めています。先日は小藪浩二郎氏を招いて学習会を開催。理事会でも商品基準について学習と討議を行ないました。遺伝子組み換えの問題では恒例となった神戸港周辺での組み換えナタネ自生調査を行なったほか、インドの環境活動家ヴァンダナ・シヴァさんの活動を追った「いのちの種を抱きしめて」上映会を計画中です。
 最後に、組合員の暮らしを守る生協として、暮らしの基盤である「平和」が脅かされていることを見逃すことはできません。日本国憲法の意義と課題、「集団的自衛権」の意味、特定秘密保護法の問題点など、これまで取り組みが不充分だった平和にかかわる問題についても組合員とともに考える場を設けたいと思っています。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る