ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第551号 2017年4月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

単協通信

生活協同組合コープこうべ

新しい拠点のスタイル「みなくる☆そのだ」オープン


阪神医療生協の健康チェック&相談会。
血圧、体脂肪、骨密度を測りアドバイス


バルーンアート「るんるんバルーン」。
会場が華やかに

 2月23日(金)、コープ園田がリニューアルオープンしました。店舗2階には、近隣の住民が集い、学べるくらしの拠点スペースを設けています。拠点スペース「みなくる☆そのだ コープさんとこ」は、コープこうべ初の取り組みとして尼崎市(みんなの尼崎大学)、尼崎市社会福祉協議会、阪神医療生協をはじめ地域の14団体と一緒になって考え、作り上げた地域のためのスペースです。
 オープンイベントは、歌あり、お笑いあり、阪神医療生協の健康チェックや喫茶など盛りだくさんで、多くの方々に楽しんでいただきました。4月からは「みんなの尼崎大学生活科学部」が開講。さらに学びの場が増える予定です。「買い物のついでに〇〇できたら」「子どもと参加できる△△があるといいな」などの声を大切に、地域の未来につながる活動を支援する場としてみなさまと盛り上げていきたいと思います。

(通信員 榊原 晶子)

~兵庫県生協連「東日本被災地支援活動」~

東日本大震災被災地復興状況視察報告

JR浪江町駅前


浪江町へ向かう途中の看板


嵩上げで屋上部分しか見えない
南三陸町防災対策庁舎

 3月10日(土)~11日(日)、震災7年を迎えた東北被災地を訪ねました。2013年、神戸医療生協が被災地支援のために設立した一般社団法人INGの支援活動に、兵庫県生協連も一緒に参加している一環です。
 神戸医療生協から4人、兵庫県生協連から専務理事 田中浩太郎とコープこうべ広報室の山野祥さん、協同購入センター西神戸の片山朋義さんの3人が参加し、先入りしていた「大阪きづがわ医療生協」3人と合流しました。
 宮城県南医療生協が船岡町に組合員活動の場として借り上げている民家を拠点に、福島県の浪江町と宮城県の南三陸町を中心に視察と交流を行いました。町役場の職員の案内で、帰還困難地域(避難指示区域)の荒れ果てた状況や、避難指示が解除されたとは言え、人の営みを全く感じないJR浪江駅前の街並みに、ただ茫然とするばかりでした。「東日本大震災のような津波被害を二度と起こさないために」と、行政主導で総延長400kmという巨大防潮堤の建設が進められており、南三陸に向かう車中からは、三陸の美しい海の景観は望めません。南三陸町は、山が丸ごとなくなり、海辺はかさ上げで丘になり、15m近い防潮堤が海沿いに建つという、とてつもないスケールの土木事業に圧倒されます。震災前の写真と見比べても、同じ場所だとは理解できない不思議な感覚になります。漁業を生業とする方が多い中で、高台への集団移転先となった災害公営住宅からも、海は全く見えませんでした。安全か、暮らしやすさか……、被災地では今、多くの人間が関わり、知恵を絞り、将来に向けてなんとか回答を出そうと考えて生まれた結果が、こういう形で姿を現してきていました。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る