ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第566号 2018年7月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

協同組合のかけ橋

JA兵庫中央会

JA兵庫教育センター開設20周年
─人づくりへの役割発揮─


石田会長(左)と木田組合長による
記念植樹

 JA兵庫中央会のJA兵庫教育センターが、コープこうべ協同学苑(三木市)内に開設し、20周年を迎えました。同センターは、平成10年に同生協の協力を得て、JAグループ兵庫役職員の教育研修拠点として、明石市にあった「農協研究所」を発展させ、開設しました。
 同センターは、JAグループの役職員が、階層別の研修や資格試験の実施、JAの研修体制の確立支援を行っています。一般職を対象とした「みどり塾」、課長・支店長クラスを対象とした「あおい塾」、部室長クラスを対象とした「くすのき塾」を開講するなど、協同組合運動を支える人づくりに役割を発揮してきました。その修了生は29年度末で1,188人となり、JAを支える人材として活躍しています。
 また、27年度からは、コープこうべとJAの職員が「協同組合の使命と職員の役割」をテーマとしてともに学び合う「協同組合塾」を年3回開講し、これまでに約300人が参加、交流を深めています。
 5月9日(水)には、同学苑内で20周年記念式典を開き、県内JA、連合会、来賓として県、コープこうべ関係者52人が出席しました。開設と運営に協力していただいたコープこうべの木田克也組合長とJAグループ役職員教育に貢献された神戸大学の保田茂、高田理の両名誉教授に感謝状を贈りました。また、JAと生協の協同関係がこれからも続くよう想いを込めて桜の木を植樹しました。


淡路地区漁協青壮年部連合会

農業×漁業の若手組織連携プロジェクト
〜淡路産の農水産物イベント〜


アンケートは多くの方に
ご協力いただきました


大盛況のタッチングプール

 淡路地区漁協青壮年部連合会(山崎 大輔会長:JF淡路島岩屋)は、洲本市の農業後継者グループ「洲本市農業青年会議」と協力して、淡路島の農水産物PRや漁業や魚について知ってもらおうと、5月20日(日) 淡路市ハイウェイオアシスでPRイベントを開催し、青年部員たちで作成した淡路島のお魚販売店マップをはじめ多くのPR広告を配布するとともに、アンケート調査を実施しました。アンケートにご協力頂いた方が参加できる、玉ねぎの重さ1kgを測る「玉ねぎチャレンジ」、ワンコインでビニール袋に玉ねぎを詰める「玉ねぎ詰め放題」では、大行列が出来るほどの盛況ぶりで賑やかな声が人、また人を呼び多くのアンケートを集めることができました。
 また、タッチングプールでは大勢の子どもたちが水槽を取り囲み、普段見たり触ったりすることが出来ない生きたサメやアナゴ、タコに興奮しっぱなしで、子どもたちと一日中遊んだお魚さんも疲れた様子でした。
 今後の活動としては、今回のイベントの反省とアンケートを参考に次の事業についての打合せを行い、さらに淡路島の食材や地域の重要な産業である一次産業を広くPRしていく活動へ結び付けていく予定です。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る