ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第568号 2018年9月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

兵庫県のページ

〈最近の消費生活相談事例〉

パソコンのウィルス検出のニセ警告音にご注意

【事 例】  パソコンでインターネット検索をしていたところ、突然画面が動かなくなり、警告音が鳴りました。さらに「ウィルスに感染。データを盗まれる恐れがある。」とメッセージが表示されました。
 画面を閉じても何度も警告が出るので、表示されている連絡先に電話をすると「セキュリティソフトを購入してウィルス駆除をする必要がある。駆除は遠隔操作で行う。」と言われたので、了承し、慌てて代金5万円をクレジットカード払いしましたが、騙されたのではないでしょうか。(40代・女性)

【アドバイス】
 同様の相談が多く寄せられていますが、これらの警告音や画面表示は、特定のインターネット上のアドレス(URL)にアクセス(リンクをクリック)したことが原因で表示されるもので、実際にウィルス感染しているわけではなく、パソコンの故障でもありません。音や表示に慌てず、まずは落ち着くことが大切です。
 パソコンの警告音や張り付いた画面を消す方法は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページが参考になります。
 https://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080909.html
 今回の事例では、事業者から契約内容に関するメールが入っていないか確認するとともに、クレジット会社に連絡して契約に至った事情を詳しく説明し、カード番号の変更や請求の停止等が可能か相談するよう、アドバイスしました。
 パソコンには、危険なサイトに接続されないよう、セキュリティソフトを入れ、アップデートを実施するなど、日頃からセキュリティ対策を心がけましょう。
 トラブルになった場合はお近くの消費生活センター(局番なしの188〔いやや〕)に相談しましょう。

【兵庫県立消費生活総合センター】


←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る