ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第569号 2018年10月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

協同組合のかけ橋

JA丹波ひかみ

丹波大納言小豆の生産拡大に向けて
〜生産振興会を設立〜


丹波市産の
丹波大納言小豆を100%
使用した「小豆茶」


丹波大納言小豆生産振興会が設立。丹波大納言小豆の安定生産、品質向上をめざします。

 JA丹波ひかみは、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」の取り組みについて、自己改革プログラムを定め、役職員一丸となって進めています。
 同JAは、農業者の所得増大にむけて、丹波大納言小豆の生産拡大に取り組んでいます。産地を維持発展させるために、生産農家が栽培に関する情報共有と技術研鑽により安定生産及び品質向上を目指すとともに、会員相互の交流を促し仲間づくりをすることで生産意欲の高揚を図ることを目的に、6月4日に「丹波大納言小豆生産振興会」を設立しました。
 また、同JAは、丹波市産の丹波大納言小豆を100%使用した「小豆茶」を開発し、5月から販売を開始。ポリフェノールが含まれ、ノンカフェインで小豆の香りが楽しめます。小豆茶は同JAの直売所で購入できます。
 さらに、JAでは通常の営農指導員の指導に加え、小豆を栽培する熟練生産者を「小豆生産アドバイザー」に任命し、JA職員とともに圃場巡回をしたり、栽培講習会で栽培技術の指導をしています。

神戸市漁連・JF兵庫漁連

今年も開催!
平成30年度マリンスクール


干しダコづくり用のタコの掴みどり


ヒラメ稚魚の放流(JF神戸市コース)

 コープこうべ・神戸市漁連(JF神戸市)・JF兵庫漁連による協同組合の連携活動として毎年実施しているマリンスクール(2コース)が今年も開催され、参加した親子連れ(約180人)は楽しく漁業や県内産水産物について学びました。
 第35回となるJF神戸市コース(7月25〜26日)では「せり市」を見学したり、「魚のつかみ取り」、「ヒラメ稚魚の放流」、「タコの塩もみ」などを体験したほか、兵庫の漁業と環境のつながりを学習しました。また、稚魚の放流では、神戸市立栽培漁業センターの協力で魚を増やすことの大切さを学びました。
 一方、第8回目となるJF兵庫漁連SEAT-CLUBコース(8月3日・8月4日)では「干しダコ作り」や「アジの三枚おろし」、「チリメンモンスター探し」、「兵庫の漁業と環境の学習」に挑戦しました。みなさん、普段あまり魚にふれる機会がないのか、どの内容も親子で一緒に目を輝かせて取り組んでいました。
 どちらのコースも、終了後のアンケートでは多くの方が来年も参加したいとのことで、とても楽しんでもらえたようです。JF兵庫漁連では、このマリンスクールを通して、漁業や水産物をより広く身近に感じてもらえるよう、今後とも取り組んでいきたいと考えています。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る