ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第570号 2018年11月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

「ひょうごまるごと健康チャレンジ2018」
キックオフ大会
〜カラダはじめ・はかるのチャレンジDAY〜開催


「トークセッション」


進行役の「はじめ・はかる」


JA兵庫中央会のおにぎり販売


JF兵庫漁連のカキオコ販売


「食べ方はかって健康づくり」


「からだはかって健康づくり」

 これまで各医療生協が独自に取り組んできた「健康チャレンジ」。2018年度から規模を拡大し、県下の生協や協同組合が一緒に「ひょうごまるごと健康チャレンジ」として12月31日まで実施しています。
 そのキックオフを兼ね、秋晴れとなった9月22日、コープこうべ協同学苑を会場に、各生協の「食と健康」に関する様々な活動や取り組みを紹介、体験できる「カラダはじめ・はかるのチャレンジDAY」を開催しました。会場には県内各地から790人を超える方の参加で賑わいました。
 午前10時、中庭の特設ステージでのオープニングは“にこいち”や“北原ゆか”によるミニライブでスタート。コープこうべのキャラクター「コーピー」やコープ共済「コーすけ」、献血推進キャラクタ―「けんけつちゃん」らもステージに花を添えてくれました。全体進行は「はじめ・はかる」に扮した音楽グループ半熟BLOODの菜つ美さんと漫才師コンチェルトの池永さんが務め、会場内の見どころ等を順次紹介してくれました。研修棟では「食べ方はかって健康づくり」「正しくみがいて健康づくり」「からだはかって健康づくり」「みんなのプチ善意で健康づくり」等々のブースに分かれ、コープこうべや医療生協(尼崎・阪神・姫路)、コープ共済や兵庫県ユニセフ協会、日本赤十字社等が健康づくりに向けた取り組みを紹介しました。また、中庭の回廊を活用し、ろっこう医療生協による「カラダに優しい歩き方測定」の実施や、隣のピロティでは農協が地場野菜やおにぎり、漁協は牡蠣お好み焼き等を販売する等、まさに県下の生協や協同組合が一緒になって取り組みました。
 午後からは、BDHQでおなじみの東京大学大学院 佐々木敏教授とラジオ関西の三上公也アナウンサーにによるトークセッション「健康と食生活 栄養健康リテラシーを身に着けよう!」を開催。日常使われている言葉を適切に理解・解釈することの大切さをユーモアを交えながらわかりやすく説明いただき、270人を超える来場者で満杯の会場は、大いに盛り上がりました。
 生活習慣や食習慣を改善する、健康づくり習慣の大切さや、各生協が取り組んでいる様々な食や健康の活動を知っていただける良い機会になりました。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る