ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第573号 2019年2月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

協同組合のかけ橋

JA丹波ささやま

丹波篠山黒大豆の産地振興と
販売力の強化


収穫機による省力化を進めています

 JA丹波ささやま(篠山市)は特産品である「丹波篠山黒大豆」の産地振興と販売力の強化に取り組んでいます。同JAでは農家の高齢化に伴う労働力不足への対策と担い手の確保が課題となっています。そこで、農家の労力負担を軽減するため、さや豆の選別ラインを導入し、集荷を始めました。また、収穫作業の機械化も進めており、組合員から大きな期待が寄せられています。担い手農家を対象に脱莢機導入助成を行うとともに、JA全農や篠山市と協力し、丹波篠山黒枝豆に適した仕様に改良を進め、収量増大を目指しています。
 担い手を確保するため、JAではUターンやIターン、定年帰農者ら篠山で新たに農業を始める新規就農者を対象とした「U・Iクラブ丹波篠山黒豆スクール」を平成25年から開催しています。講師はTAC(地域農業の担い手に出向き、営農指導などを行うJA職員)がつとめ、6月の種まきから1月の黒豆の収穫まで毎月、座学と実習により基本的な栽培技術を指導しています。
 さらに、「6次産業化」の取り組みとして、29年に冷凍枝豆を開発し、販売を始めました。旬の時期が10月上旬から約2週間と短い黒枝豆の風味を長期に渡って楽しむことができます。

JF兵庫漁連

虹の仲間で森づくり


日が差し込む森になりました



 


 漁業者と消費者が共に手を携えて、豊かな海を支える森を育んでいくことを目的に、コープこうべとJF兵庫漁連が共同で取り組んでいる「虹の仲間で森づくり」は今年で12回目の開催となります。
 快晴に恵まれた12月1日(土)、神戸市西区にある雌岡山(神出神社周辺)に県内各地からJFグループ関係者、コープこうべの会員や行政関係者など約160名が集まりました。JF兵庫漁連 突々 淳専務の挨拶、ひょうご森の倶楽部 山下 広行会長より作業の注意事項説明の後、全員で準備運動を行いました。この後、ヘルメット姿の参加者は18班に分かれ、NPO法人「ひょうご森の倶楽部」の指導員の皆さんに誘導され、次々に森に入りました。
 作業について指導員の方から説明を受けた後、参加者は周囲に気を配りながら、広葉樹や花の咲く樹を残し、常緑樹や蔓性の植物を次々に除伐し、クマザサなどの下草も刈り取りました。約2時間の作業を終えると、地面を覆っていたクマザサも無くなり、太陽の光が差し込み、見通しの利くきれいな森になりました。作業を行った皆さんは「目に見えて日が差し込むようになった」と嬉しそうに話していました。
 この後の昼食は、兵庫のりを使った巻き寿司、カキの味噌汁等が振る舞われ、同じ班のメンバーと楽しい昼食の時間を過ごしました。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る