ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第576号 2019年5月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

協同組合のかけ橋

JAハリマ

「宍粟牛」の増産と
循環型農業による所得増大
JAグループ兵庫の自己改革


新たな牛舎は約100頭の
牛を肥育できます

 JAハリマは農林水産省の補助事業「畜産クラスター事業」を活用し、農家の所得増大と循環型農業に取り組んでいます。ふるさと納税の返礼品としても人気がある「宍粟牛」を肥育する農家が牛舎を増築し、増頭を希望。JAはそれを支援するため、農家をはじめ、宍粟市および県とともに畜産クラスター協議会を設立、補助事業で牛舎の増設と堆肥センターの改修を行いました。
 新しい牛舎は約100頭の肥育牛を飼養できます。JAが農家にリースし、契約期間終了後は農家に無償で譲渡します。農家は後継者とともに規模拡大を行い、10年後には現在の2倍となる年間80頭の出荷を実現し、所得増大を図ります。
 堆肥センターは、スクリュー型撹拌機を導入し、作業を効率化しました。堆肥の製造期間を80日から50日に短縮するとともに、良質な堆肥が生産できるようになりました。JAは農家に牛ふん堆肥を活用した循環型農業を提案しています。牛ふん堆肥はパラパラとした質感で使いやすく、米、野菜、花卉など幅広く施用できます。
 今後、牛ふん堆肥を施用した米や丹波黒大豆など、地域ぐるみで循環型農業を確立し、農家の所得増大を目指します。

淡路地区漁協青壮年部連合会

第24回全国青年・女性漁業者交流大会
〜淡路漁青連 JF共水連会長賞 受賞!〜


 



発表する山崎会長



発表資料はQRコードのリンク先から
ご覧いただけます


 平成31年2月28日(木)〜3月1日(金)にかけて「第24回全国青年・女性漁業者交流大会」が、東京・千代田区のホテルで開催されました。この大会は、全国の青年・女性漁業者が、日頃の研究・実践活動の成果を発表するとともに、参加者間の交流により知識や情報を共有・進化させて水産業・漁村の活性化目的とし、毎年開催されています。
 本県からは、淡路地区漁協青壮年部連合会 山崎大輔会長が、地域活性化部門において「青年部がやるべきこと〜島の魅力発信 将来に繋ぐ私たちの思い〜」と題し、洲本市農業青年会議との異業種間連携による淡路島の1次産業の魅力発信の活動や淡路さかな屋マップ作製、観光客へのアンケート実施によるデータ収集などの活動について発表しました。
 1日に行われた結果発表では、取組内容が評価され「JF共水連会長賞」を受賞しました。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る