ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第581号 2019年10月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

兵庫県のページ

〈最近の消費生活相談事例〉

害虫・害獣駆除サービスのトラブル

【事 例】  屋根裏にスズメバチの巣があったので、ネット検索で「1万5千円から」と表示がある駆除業者に見積りを依頼した。来訪した作業員から口頭で約11万円と言われ高いとは思ったが、「ハチに一度刺された人は再度刺されると命が危険」と言われ心配になり契約した。作業後、全額支払ったが、高額すぎるのではないか。 (70歳代、女性)

【アドバイス】
 相談が寄せられる害虫・害獣の種類は、ハチ、コウモリ、イタチなどですが、個人で駆除が困難な場合には、専門的な技術や知識を持っている事業者に依頼することになります。その際には、事業者のホームページや折り込みチラシなどの広告を見て申込むことが多いようですが、駆除を頼んだ消費者から「広告よりも高額だ」「見積りをとると断れない」「約束の無料保証をしてくれない」といった相談が消費生活センターに寄せられています。
 相談の特徴の一つ目は「料金が高額」です。広告には「業界最安値」などの表示があったので、見積りを取ったところ広告表示に比べかなり高額だったが、断り切れず契約したというものです。二つ目は「急がされる」ことです。事例のように身体に危険、今すぐに駆除しないと家が傷むなどと言われじっくり考える時間がありません。三つ目は「約束の無料保証がない」ことです。駆除作業後、再発しても一定期間は無料で再度作業をするという話だったのに有料であった、というものです。
 害虫等の発生状況や被害規模などで料金は大きく異なります。契約する際には、複数社から見積りを取り、駆除方法や料金を十分に検討しましょう。また、見積料金が有料なのかどうか、キャンセル時に違約金が発生するのかなど、あらかじめ確認を取り、急がされても安易に契約しないことです。無料保証であっても、保証の期間・回数や追加料金の有無など条件を書面で確認しましょう。
 なお、市町により、害虫・害獣の駆除方法や補助制度、業界団体の紹介などの相談窓口もありますので、契約前にお問い合わせ下さい。
 訪問販売で契約した場合は、クーリング・オフできる場合もありますので、最寄りの消費生活センター等に相談しましょう。

【兵庫県立消費生活総合センター】


←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る