ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第582号 2019年11月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

協同組合のかけ橋

JAたじま

「環境創造型農業」の実践と
理念への共感を育む取り組み


生協の組合員が参加する生き物調査

 JAたじまでは、環境に配慮する「環境創造型農業」を実践し、農産物と生物を同時に育む米作りに取り組んでいます。その中でも、特別栽培米(農薬の使用量や化学肥料の成分量に配慮し栽培された米)である「コウノトリ育むお米」は、コウノトリにとってすみよい環境づくりを目指して栽培されています。
 昭和46年に野生で絶滅に至った国の特別天然記念物であるコウノトリの野生復帰には、人とコウノトリが共生できる地域ぐるみの取り組みが重要でした。そこで環境に配慮した「コウノトリ育む農法」による米作りが始められました。
 この農法は、農薬や肥料の使用に関する配慮に加えて、除草や水質管理の作業で手間がかかりますが、コウノトリの餌となる生物の増加や害虫抑制に効果があります。水田中の生物の種類・数とコウノトリの生息数は着実に増加しており、同農法の理念に賛同する生産者の数が増えています。
 JAでは、この取り組みや理念をより多くの人に伝えることにも力を注いでいます。生協組合員、消費者、流通業者等を対象に、田植えや収穫体験、田んぼの生き物調査等を開いて、多くの生物がいることを肌で体感してもらっています。このような取り組みを通じて、環境創造型農業の理念の共感を消費者に広めています。
 今後は、有機JAS認証の取得や無農薬タイプへの転換を、この「コウノトリ育むお米」で進め、自然と人が共生する但馬地域の持続可能な米作りを目指していきます。

(一財)兵庫県水産振興基金

全国豊かな海づくり大会
2021年秋に明石市で開催


第1回兵庫県実行委員会
設立総会の様子


看板を掲げる金澤副知事(右)
と寺尾部長(左)

 9月10日に兵庫県民会館にて、兵庫県実行委員会の設立総会と第1回総会が開催され、水産資源の保護や漁業振興などを目的に開かれる「全国豊かな海づくり大会」が2021年の秋に明石市で開かれることが決定しました。兵庫県での開催は、1982年に第2回大会が香住町(現 香美町)で開催されて以来で、全国で初めて2度目の開催となります。
 大会は2021年秋の土日の2日間に行われ、式典行事は明石市民会館、海上歓迎・放流行事は隣接する明石港ベランダ護岸で実施されます。基本構想には、「「豊かで美しいひょうごの海」の創出と継承」、「力強い水産業の確立と地域の活性化」、「「豊かで多彩なひょうごの魅力」の発信」の3つの基本方針が明記されました。この大会は、豊かな海づくりに向けた兵庫の取組を積極的に発信し、その取組を一層確実なものにする絶好の機会になります。
 また、9月11日には、兵庫県産ヒノキを使った兵庫県実行委員会(会長:井戸敏三知事)事務局の看板が、金澤和夫副知事(同会副会長)と寺尾俊弘農政環境部長(同事務局長)によって兵庫県庁水産課執務室前に掲げられました。
 今後、大会スローガン、大会キャラクターコスチュームデザインの募集も行われ、大会の成功へ向け、益々機運が高まっていきます。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る