ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
第584号 2020年1月
兵協連だより
←前のページへ 次のページへ→

想点

「安心してつながる力」

兵庫県生活協同組合連合会
会長理事
木田 克也
(きだ・かつや)

 新年あけましておめでとうございます。
 会員のみなさまにおかれましては、よき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 今年は、阪神・淡路大震災から四半世紀という区切りの年であり、また私たち兵庫県生協連にとりましては、70周年という節目の年となります。
 そこで改めて、私たち生協に期待されていることを考えてみました。
 これまで、活動や事業をすすめるうえで「人と人がつながる」ことを大切にしてその価値を共有してきました。
 そして今では、人のつながりだけにとどまらずに、さまざまな協同組合同士はもちろんのこと、行政やNPOなどそれぞれの地域における諸団体とのつながりも拡がり深まっています。
 また、10年くらいの先を見据えてビジョンづくりをすすめる論議の中でも、よく使われる重要なキーワードが「未来につながる」「地域とつながる」など「つながる」というフレーズです。
 ところが、先日「つながらない権利」という言葉を見ました。
 つながりを否定する表現に驚いてその意味をみると、具体的には、休日に上司からの電話やメールを拒否できる権利というものでした。
 しかし、もう少し踏み込んで考えると、こちらが意図しない一方的な連絡や通知、そして情報がスマホなどを通して次々に送られてくる状況や、場合によっては人を傷つけたり欺いたりするものもあり、当然、そのようなつながりは避けたいという意味も含まれるものと思います。
 人は一人では生きられませんから、誰しもが持っている誰かとつながりたい願望と、でも安易につながるのは危険を招くという現実があります。
 このような、つながることが不安やリスクを増大させていく社会に対して、「助け合い支え合う」ことを基本的価値として大切にする生協は「安心してつながる」機会を創りだしていくことが大きな役割だと考えています。
 例えば、「生協のサークルだから話が弾む」「生協の事業だから心配なく利用できる」など、生協の活動と事業に参加し利用することそのものが、幸せなつながりを生み出すことだと思います。
 より良いくらしと地域を創る力は「安心してつながる力」によって生み出されるといっても過言でありません。
 この70周年を機に、私たちはコープのある街、協同のあるくらしを目指して、色々な場を通し生協の価値をさらに広く発信していきたいと思います。
 今年もご一緒に未来に向けてワクワクする年にしたいですね。

←前のページへ 次のページへ→
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る