ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
←連合会の活動トップに戻る
兵庫県生活協同組合連合会の組織
 兵庫県生活協同組合連合会は、県下の生協を中心に協同組織体を会員とする連合会です。「協同互助の精神に基づき、会員の事業の発展を図り、会員の構成員たる組合員の生活の文化的経済的改善向上を図ることを目的とする」(定款第一条)
国際的にみた組織図

2016年度 役員一覧
会長理事 本田 英一 コープこうべ 組合長理事
副会長理事 髙橋 秀行 関西学院大学生協 専務理事
専務理事 野間  誠 コープこうべ 統括部長
理   事 板崎  聡 神戸医療生協 専務理事
福島  哲 尼崎医療生協 専務理事
新保 雅子 コープこうべ 理事
伴  智代 コープこうべ 理事
大沼 和世 生活クラブ都市生活 監事
本多 義弘 近畿労働金庫兵庫地区
統括本部 本部長
藤井 貴浩 兵庫県立大学生協 専務理事
岡田  勇 神戸市民生協 専務理事
西谷 圭一 兵庫労働共済生協 専務理事
監   事 金丸 正樹 ろっこう医療生協 副理事長
山添 令子 コープこうべ 常務理事
岡村 卓治 姫路市民共済生協 理事長
日本生協連・兵庫県生協連 共催
「大規模災害対策・事業継続(BCP)マニュアル策定研修会」を開催

 兵庫県生協連は、日本生協連と共催で中小企業庁の補助による「大規模災害対策・事業継続(BCP)マニュアル策定研修会」を開催。平時の備えや非常時の優先事業の継続方針、危機管理意識を深めることなどを目的に、兵協連19会員生協と11団体など64人が参加しました。事業継続セミナー講習や災害が起こったと想定しての模擬訓練を通して、迅速な初動対応や危機的状況にも俊敏に対応できる"人財(材)育成"の必要性を学びました。阪神・淡路大震災から21年、「BCPの本質を学び、生き残るためのBCPを策定する」実践に沿った研修会になりました。
事業継続セミナーではBCPの本質を学びました
(2015年12月)
グループでまとめられた意見を共有しました
 兵庫県生協連は、瀬戸内海を豊かで美しい里海として再生しようと、他団体とともに平成19年、国に提出する141万人の署名活動に取り組んだことが評価され、会員生協の生活協同組合コープこうべ、生活クラブ生活協同組合都市生活とともに、「瀬戸内海環境保全知事・市長会議」にて感謝状を拝受しました。
 2015年10月、豊かで美しい瀬戸内海をめざす「瀬戸内海環境保全特別措置法」の改正が成立したことを受け、署名活動などの法改正に尽力した団体などに感謝状が贈呈されたものです。豊かで多様な生態系と自然環境を保全することで、私たちに多くの恵みを与えてくれる里海。森・川・海などの貴重な財産を次代へ継承するため、今後も環境活動を継続してまいります。
23団体に感謝状が贈呈されました
(2016年2月)
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る