ご案内
トップページ
連合会の活動
2012 国際協同組合年
平和活動
医療・福祉介護
コープの共済
会員生協紹介
リンク
当サイトはIE5.1以上、NN6以上のブラウザを推奨しています。
 全国の生協では阪神・淡路大震災以降、自治体との災害時の緊急支援物資供給協定の締結や生協間での支援協定、大規模災害に対する備えの学習などを積み重ねてきました。東日本大震災による被災直後から、被災地のみなさんと復興への道のりをともに歩む会員生協の支援が現在も、各地で続けられています。2016年4月14日に発生した熊本地震でも発災直後から支援活動に取り組んでいます。また、地震、台風、土砂災害などの自然災害で被害を受けた全国の被災地にも、会員生協の支援活動が行われています。
「冬の神戸リフレッシュツアー」
東日本大震災後、福島県の親子を招待していたリフレッシュツアーの大人版を行いました。
生活クラブ生協都市生活(2016年12月)
「大船渡支援・水道筋さんま祭り」
大船渡から届いたさんまを炭焼きし、1,500尾完売。収益金を義援金として送りました。
ろっこう医療生協(2016年10月)
「東北復興応援イベント」
女川町・南三陸町の物産販売やパネル展示を行いました。
西宮市職員生協(2016年12月)
「絵本を届ける黄色のえほんバス」
被災地の子どもたちへ絵本を贈る活動として、絵本を43冊集めました。
兵庫労働共済生協(2016年12月)
「熊本地震シンポジウム」
被災地支援についてパネルディスカッションで学び、支援団体が備えておくべきことについての認識を深めました。※本部ビルにて開催
近畿労働金庫兵庫地区統括本部(2017年1月)
「小麦粉を使って熊本を応援!」 神戸市立六甲アイランド高校で熊本の小麦を使ったパンを考案、シーアの"小麦の森"で製造・販売しました。
コープこうべ(2017年2月)
「みやぎ県南医療生協みなさん来神」
神戸医療生協の視察に訪れ、交流や今後の支援について意見交換を行いました。
神戸医療生協(2017年4月)
兵庫県生協連 東日本被災地支援活動
 被災地を忘れない。息の長い支援活動を続けるため、兵庫県生協連では一般社団法人INGと連携して、2013年から宮城県亘理郡山元町で会員生協のみなさんと被災地支援活動を行なっています。
 2016年度は、10月と12月、3月に全国からの支援者や「みやぎ県南医療生協」の方々、会員生協のみなさんとともに「健康チェック」、「花釜秋まつり支援」、「被災地視察」などを実施しました。6年が経過し、お困りごとやご要望も多様化する中、2017年度は、10月、3月に引き続き支援活動を行います。被災地と被災された方々に寄り添い、今後も支援活動への参加を呼び掛けていきます。
【花釜区交流センター】
やまもと花釜秋まつり支援者のみなさん
(2016年10月)
【花釜区交流センター】
クリスマス&芋煮会(2016年12月)
【花釜地区"追悼の夜"】
被災地視察(2017年3月)
お問い合わせ
兵庫県生活協同組合連合会 〒650-0011 神戸市中央区下山手通4丁目16-3 兵庫県民会館4階 
TEL:078-391-8634 FAX:078-392-2059 e-mailアドレス:hyogo@kobe.coop.or.jp
Copyright© 2005  HYOGO CONSUMERS' CO-OPERATIVE UNION All Rights Reserved.
TOPページに戻る